情報セキュリティ基本方針

日本総合システム株式会社(以下、当社)は、ソフトウェア開発企業として常に技術・品質を追求し、 お客様に最適で高品質なシステムを提供することで、信頼される誠実な企業であることを経営理念としております。そのため、全ての社員がプロフェッショナルとしての誇りを持ち、情報資産保護に対する重要性を認識し、お客様の信頼を維持することを重要な経営課題と捉えております。当社ではこの課題を達成するために、ISMS基本方針を定め、情報セキュリティマネジメントシステムを実施いたします。

1.情報セキュリティの目的

お客様からお預かりした情報資産及び社内の重要な情報資産を漏洩、盗難、不正使用、改竄、消失、などの脅威から保護し、機密性、完全性、可用性を維持することを目的とします。

2.適用範囲

当社の全事業所における全ての受託開発業務及びパッケージソフトの開発販売業務をISMSの対象とします。

3.法令遵守

当社は、関係法令ならびに契約上のセキュリティ義務を遵守します。

4.教育、訓練

当社は、すべての社員に対して、情報セキュリティの重要性を認識させ、資産の適正な利用ができるように、教育・訓練を行います。

5.ISMSの確立、維持、改善

当社は、情報セキュリティマネジメントシステムを確立し継続的に維持していくため、組織・体制を確立し、定期的な見直しを行い継続的な改善を実施します。

制定 2008年9月1日
改定 2014年4月1日

日本総合システム株式会社
代表取締役社長 伊藤俊秀